大阪鮓商生活衛生同業組合 井上理事長 旭日双光章受章

DSC02873.jpg帝国ホテル大阪で受章式典開催

去る3月23日、桜ノ宮の帝国ホテル大阪で総勢230人余りの方々を迎え、旭日双光章の受章式典が開催されました。お孫さんのピアノ演奏や花束贈呈で場もなごみ、緊張し、硬い表情の井上理事長もこの時ばかりは目じりが下がっていて、孫の力はすごいな!と感じました。

鏡割りでは4つの樽が用意され、壇上には発起人の方々を初め、各業界の理事長、全国すし商生活衛生同業組合連合会の山縣氏や大阪食研の織田代表幹事、33クラブの北橋代表、全国生活衛生同業組合中央会の元理事長の田中清三氏も登壇され、賑やかで豪華なメンバーでの鏡割りが行われました。

この式典の中で非常に目立ったのは、井上理事長へのお祝いの言葉よりも女将さんへの感謝の気持ち、内助の功を称えるスピーチが多くありました。また、お店の従業員の方々、また、お店を離れてからでもお付き合いをされている方々への日頃の感謝も忘れない様に料理組合の津田理事長が壇上から感謝の言葉を述べられていた事も強く印象に残っています。

多くの方々に祝福される井上理事長は本当にうらやましいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.san-eifoods.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/282

コメントする

ページの先頭へ