社長の日記の最近のブログ記事

第12回三栄会ゴルフコンペ

DSC01121.jpg

 

9月20日 第12回三栄会ゴルフコンペを開催

今回は、最多参加者となる26名で恒例の琵琶湖カントリー倶楽部で開催の運びとなりました。

前々回から初参加者が増え、今回から確定ハンディでプレーをされる方々も多くなり、益々、優勝争いがし烈になってきました。また、コンペのレベルが加速して上がっていることも実感できるコンペでした。今回のベスグロは、参加2回目の大久保食品 大久保大志さんで、三栄会としてもベスグロとなる、76でプレーされ、また、6名の方が80台でプレーをされました。そして、栄えある優勝は、今回3回目の参加のオーケー食品工業(株)の大重社長でした。ハンディはさておき、ネットで7アンダーという断トツのスコアで、2位のウエノフードテクノの田村さんに5打差をつけ、堂々の優勝となりました。田村さんも2アンダーだったので、本来ならば優勝でもおかしくないのですが、運が無かったと諦めて頂くしかないと思います。次回は少し、ハンディが減りますが、まだまだ優勝圏内ですので、次回も期待させて頂きたいと思います。

DSC01182.jpg

因みに、そろそろ、私も次回3月14日での優勝に向けて、レベルを上げていきたいと思います。

大重社長、3回目、初ハンディでの優勝、計画的ですよね。でも、この半年で、すごく腕を上げられたことは、頭が下がります。また、アドバイスをお願い致します。

第40回関西厚焼工業組合 玉子供養祭

DSC01239.jpg

第40回 玉子供養祭を奈良 薬師寺で開催

毎年恒例の関西厚焼工業組合の玉子供養祭を奈良の法相宗大本山 薬師寺で開催致しました。今年は、修復工事の影響で、いつもの慈恩殿が写経場として使用された為、隣のまほろば会館で行いました。参加者は、組合関係者、協賛業者の方を合わせて27名となりました。

法要は、薬師寺の安田暎胤長老により、厳かに行われ、長老の講話も頂き、食べ物への感謝の気持ちを大切にしたいと考える良い機会になったと思います。

法要後、場所を三条大路の東吉に移して懇親会を行いました。来年の節分ポスターの紹介、参加頂いた協賛商社の方々の自己紹介も行い、和やかな雰囲気の中でカラオケで盛り上がり、有意義な時間を過ごすことが出来て、本当に良かったと思います。今回の設え、運営を担当頂きました奈良支部の吉田支部長、米田さん、お疲れ様でした。

DSC01248.jpg

次回の玉子供養祭は、2年後に大阪 四天王寺で行う予定です。大阪支部の皆さん、奈良支部に負けない設えで楽しませて頂ける事を楽しみにしております

第11回三栄会コンペ

DSC00214 (3).jpg少し肌寒い中での第11回コンペ

今回は、出場者数21名、内11名が確定ハンディではなく、ダブルペリア方式でのハンディで参加されました。何と、確定ハンディ参加者でないと優勝できないルールなので、繰上りも十分考えられることですが、今回は、6位の山寅 米村社長が優勝となり、一番驚いていたのも当の本人という状況で、優勝スピーチも非常に楽しい内容でした。

初参加として、長崎の大久保食品 大久保太志様、三州食品の岩月社長、カネクの金谷様、松田産業の植田さんは初コンペ、そして、久々の参加となったのは、あじかんの酒井もうすぐ部長と新しい顔ぶれも増えて、今後ますます盛大になる可能性を感じたコンペでした。当日の天候は、少し寒く、スコアも凍り付くようなスコアで、次回に向けて練習しなくてはと感じさせる内容でした。しかし、やはり、琵琶湖カントリーは、コンディションも良く、グリーンも早く仕上がっていて、他のゴルフ場とは一味も二味も違うと実感しました。次回は、9月20日に開催予定ですが、それまでにもなるべく行ってプレーしたいと思います。そして、今度こそ、優勝を狙いたいと思いました。

源喜会開催!

DSC00030.jpg

 

11月9日・10日 東京で源喜会を開催致しました。

今回の源喜会は、当初、11月7日に移転予定の豊洲市場見学としていましたが、諸般の事情により、急きょ、9日は青梅市にある株式会社カネク 本社工場と近くにある澤ノ井酒造訪問と東京の各種業者さんとの懇親会を総勢25名で屋形船で開催致しました。

また、10日には築地市場場外で朝食をとり、場内や波除神社を見学、その後、千葉県八千代市にある株式会社全農たまご八千代液卵工場と私市醸造株式会社を見学し、東京駅と羽田空港に向けて移動、解散という運びとなりました。2日間で4社を訪問し、築地市場もくまなく見学するという過密スケジュールでしたが、車での移動も渋滞なく、ほぼ予定通りに異動が出来て良かったと思います。

幹事役の玉進 高島さん、株式会社玉吉の吉田喜永社長、幸二郎副社長、本当にお疲れ様でした。

次回は、来年3月に京都での開催を予定しております。

 

DSC00117.jpgDSC00084.jpgDSC00062.jpg

平成28年 墓参

DSC00010.jpg京都 大谷祖廟を墓参

今年はなぜか、終戦記念日の8月15日に祖父 吉田喜作の墓参に大谷祖廟まで行って来ました。混雑を予想したため、午前中に早い時間に現地に到着しようと計画し、9時前には着いたのですが、既に駐車場は満車で、待ちの列で待つこと15分、駐車場にようやく入ることが出来ました。

墓参に来られる人は非常に多く、休憩所内の椅子も空きがなく、立ったままで冷たい麦茶を頂いてからろうそくと線香を手にお墓に向かって階段を登り始めましたが、墓の前についた時には汗がしたたり落ち、水をかけて綺麗にしている間も汗が止まらず、午前中に来てもこんな状態になるのかと少し驚きました。

お参りを済ませ、帰りにも休憩所に立ち寄り、冷たいお茶を頂いて帰りました。駐車場の警備員の方に『すでに熱いですね。』と声をかけました所、『午後は暑さだけでなく雷雨もあるよ』とおっしゃってました。警備員の方々もご苦労が多いのだと感じました。暑くても、元気な間は墓参りを継続したいと思います。

DSC00011.jpg

源喜会IN宮崎 2日目

DSC06528.jpg

名門! フェニックスカントリー倶楽部

2日目は、フェニックスカントリー倶楽部でのゴルフを楽しみました。

松林でセパレートされたコースは、綺麗であってとてもプレーを難しくして、緊張しながらティーショット打つことになり、中々、普段のゴルフが出来ないで終わってしまいました。

今回、お世話になった岡崎社長は、体調を崩されていたにもかかわらず、最後までお付き合い頂き、スコアもまとめられ、さすがメンバーさんだなと思わせる内容に感心しておりました。

3人×2組でしたが、大方の雨の予報を裏切り、非常に暑い中でのプレーを楽しませて頂きました。次回までにもう少し練習し、再度チャレンジさせて頂きたいと思います。

プレー後、宮崎空港まで井上社長に送って頂き、東京と大阪に分かれて帰路に付きました。今回の幹事を引受て頂きました富士食品の井上社長、また、現地での懇親会、2日目のゴルフとお世話になりました岡崎鶏卵の岡崎社長に心からお礼を申し上げたいと思います。

次回も、楽しい集まりになることを期待し、ご案内をお待ちしたいと思います、皆さんお疲れ様でした!

源喜会IN宮崎 1日目

DSC06514.jpg

今回の源喜会は、宮崎県 都城市の3つの工場見学を訪問し、2日目にはフェニックスカントリー倶楽部でのゴルフという内容で開催致しました。

11時に宮崎空港に集合し、富士食品 井上社長と岡崎鶏卵 岡崎社長の車両に分乗し、一路都城市へ。

まず訪問したのは、昼食を兼ねて霧島酒造へ。敷地内のレストランで昼食後、案内の方の先導で工場見学を行いました。この工場で生産されるのは、ほとんどが芋焼酎ということもあって、とんでもない量の芋を加工し、芋焼酎を製造されていました。見事にオートメーション化されていて衛生管理もしっかりとされ、こんなに沢山の焼酎を誰が飲むのかと思いながら、もはや焼酎は日本だけの物ではなくなっていることを実感させられました。

続いて岡崎社長の岡崎鶏卵を訪問し、6000坪の敷地にある2000坪の建屋内の工場を見学させて頂きました。元あった場所を霧島酒造に売却され、代わりに購入された敷地にはまだまだ余裕があり、太陽光パネルを使った売電事業もされ、収益力向上に様々な事業をされていることを見せて頂きました。工場内もスペースに余裕があり、設備の増設もできる程でした。工場長と品質管理担当の方に挨拶をし、次にフュージョン(株)を訪問致しました。実は、岡崎鶏卵でされていたGPセンター事業をこのフュージョン(株)に売却された経緯もあり、岡崎鶏卵さんにとってフュージョン(株)は、原料となる鶏卵の供給業者でもあります。このフュージョン(株)は、もともと日向市にある(株)アミューズで生産された玉子の選別などを行うGPセンターとして誕生し、日々60トンの鶏卵がパック包装されているとのことでした。当日は、赤木社長が不在のため、奥様の案内でオートメーション化された工場を見学させて頂きました。まず、驚かさせるのは人間の少なさです。30名以下の人数でこの巨大GPセンターを稼働され、洗浄、選別された鶏卵はひとまず温度管理されたタワー型の保管スペースに保管され、受注に応じてパック包装されて出荷されます。その工程にほとんど人間がかかわることなく、製品化され出荷されている光景は、先に訪問した霧島酒造さんおも凌ぐ程でした。

3つの工場見学を終え、宮崎市内のホテルに戻り、懇親会(夕食)、2次会で楽しい時間を過ごし、宮崎での〆料理としてうどんを頂いてこの日は終了致しました。2日目は、フェニックスカントリー倶楽部でのゴルフを予定しています。

一生に一度は見ておきたい!

DSC06244.jpg

 

山口県 角島大橋

子供の友人の情報で、山口県の角島に行って来ました。沖縄でしか見られないような海が目前に広がり、非常に感動致しました。往路は新門司までフェリーで行き、そこからは小さい自家用車で移動という内容で少し心配でしたが、新門司で小さい絵を購入し、角島で感動し、秋芳洞で感動し、倉敷の美観地区と要所要所で休憩を兼ねた観光も楽しみ、内容の濃い3日間になりました。子供の事を心配していましたが、車中は熟睡、観光地についたら元気いっぱいで遊び、親の方が疲れ果てていました。次回は往復フェリーでの移動も検討したいと思います。

源喜会 in ホーチミン

DSC05856.jpg

株式会社三和玉店 ホーチミン工場

今回の源喜会は、11月にベトナム ホーチミン近郊にある株式会社三和玉店のホーチミン工場を視察致しました。源喜会としては2度目の海外視察ということですが、今回見学工場は出来たてのほやほやで、工場内に設置された焼成機は、ドラムの錦糸焼成機1台のみで、これから何を製造するか?を検討し、設備していく予定で、1年後、2年後が楽しみな工場と思いました。3日間の日程で訪問しましたが、1日目は、午後にホーチミンに到着したので、市内の繁華街を少し見学し、ベトナム料理を楽しんでおとなしく就寝し、2日目に工場見学と現地の養鶏業者訪問、3日目は、帰国までの時間を使ってメコン川観光という内容で、中々、ハードなスケジュールでした。途中、現地のスーパーやベトナム戦争を主に取り上げた戦争証跡博物館等も見学、わずか30分の見学という場所もありましたが、良い経験となったと思います。

今回の参加者は、三和玉店の森社長を含め6名でしたが、工場の規模の大きさに皆、一応に驚きを隠せない様子でした。因みに敷地面積は10万m²、停電が頻繁にあるので、プロパンガスを使った自家発電設備もあり、建物周囲の芝生でゴルフの練習が出来る位の広さの緑地もあり、環境にも配慮された良い工場だと印象付けられました。

また、3年後位に訪問したい工場だと思いました。

DSC05858.jpgのサムネール画像

久しぶりの祖父の墓参り

DSC05587.jpg京都 大谷祖廟に行って来ました

久しぶりに祖父のお墓参りへ行って来ました。午後2時過ぎに着いて遅めの昼食を取りたいと思い、八坂神社の売店へ行ってみると、そこには日本語がなかなか見つけにくい売店が!?

周囲には、高齢の日本人も大勢いるのにこの表記ではわかり難いのではないかと感じました。

いくらインバウンドが大切だといってもちょっとやり過ぎではないか?ここは日本かと言いたくなる光景でした。

1  2  3  4  5  6  7